HOME > 会員照会

会員コーチ登録画面

・・・コーチ照会サービス登録・会員コーチ専用矢印

コーチ照会画面

・・・コーチをお探しの方へ矢印

日本コーチ協会大阪チャプターによるコーチ照会サービス

日本コーチ協会大阪チャプターでは、オンラインによる「コーチ照会サービス」を提供しています。
このサービスは、日本コーチ協会大阪チャプターに登録されている会員の方が自己PRをする場であるとともに、
コーチングの各種サービスを利用したい方を結ぶシステムとなっています。
照会はどなたでもご利用できます。
ここであなたに合ったコーチを見つけてください。このサービスは、あくまでも情報提供を目的としています。
また、掲載されている情報は、会員本人が行っているため、日本コーチ協会大阪チャプターは本人の技能についてのチェックはしていません。そのため、照会サービスページの利用者がすべてコーチの技能があるとは限りません。
コーチングに関する契約については、コーチとサービスを利用する個人との間で、両者の合意に基づき、両者の責任で行なって下さい。

なお、コーチを探す前に、次のガイドをご利用ください

【コーチの効果的な探し方】

  1. コーチングについて情報収集する。コーチングに関する書籍、記事、ウェブサイトからコーチングについての基本的理解をすることをお薦めします。
  2. コーチを雇う目的を明確にする。なんのためにコーチングを受けたいのか、コーチングを受けてなにを得たいのかということを、はっきりさせておくことをお薦めします。
  3. 候補を3人ほどに絞ったら、それぞれにコンタクトを取ってインタビューする。どのようなトレーニングを受けたか、コーチとしての経験は、得意分野は、認定を持っているかなど、聞いてみるといいでしょう。また、できれば、そのコーチを推薦する人を紹介してもらい、コーチとしての資質をヒアリングするのも効果的です。
  4. インタビューしてみて、自分に一番「しっくり」くるコーチを選ぶことをお薦めします。

【コーチを選ぶポイント】

コーチをインタビューする時に、使うポイントリストです。

  1. クライアントが望む成果を上げることを目的としてコーチングを行っているか。
  2. クライアント自身の目標や考え方、あり方を尊重しているか。
  3. 質の高いトレーニングと経験によって得た技能によってコーチングを行っているか。
  4. 継続的にコーチングのトレーニングを受けており、技術水準を保つ努力をしているか。
  5. 自らの能力と技術の限界についてわきまえているか。
  6. コーチングの内容やクライアントについての情報について守秘義務があることを認識しているか。
  7. インベントリー等の査定結果が誤用、悪用されないように 配慮しているか。
  8. コーチングは専門範囲内で行っており、それ以外の範囲については他の専門家(※)の援助を受けられるように努めているか。
  9. コーチ料についてはコーチング開始前にコーチとクライアントの合意によって決定しているか。
  10. コーチの倫理規定を理解し、遵守しているか。
    ※ 例:弁護士、医師、ファイナンシャルプランナー、セラピストなど
    参照)日本コーチ協会の倫理綱領より
私は、以上のことに同意した上で、コーチ照会サービスを利用します。

コーチ照会ページへ

▲ページの上に戻る